So-net無料ブログ作成

ゴム入り後ろ衿ぐりの縫い方(Tシャツ生地) [部分縫い]

ゴム入り後ろ衿ぐりの縫い方です
240部分縫い 後ろ衿 01.jpg
Tシャツに類した生地ならこの縫い方で大丈夫です
材料
・後ろ身頃
・えり布
・ゴムテープ
・伸びるタイプのミシン糸
・色の違うミシン糸(しつけ用、素材不問)
※ゴムテープは一般的なゴムテープでも代用できますが、薄くて軽い方が仕上がりがきれいです。推奨品はこちらでご確認ください→伸び止め用 透明ゴム 6ミリ巾
240部分縫い 後ろ衿 25.jpg

※ミシン糸ですが、私は上はスパンorレジロン、下はエッフェルを使っています。それ以外で何を選んでいいかわからないときは、併設ブログの記事を参考にしてください→伸びる縫い方と伸縮率・伸びる糸と伸びない糸・ニット用の手縫い糸
240部分縫い 後ろ衿 19.jpg

~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~

はい
よろしいでしょうか
では縫ってみましょう
手順
1・えり布を半分に折る
2・後ろ見頃とえり布を縫う
3・えりぐりを整える
4・ゴムを通す
5・ステッチでおさえる

えり布に霧を吹きます
240部分縫い 後ろ衿 02.jpg

外表にして二つ折り
240部分縫い 後ろ衿 03.jpg

アイロンで押さえます
240部分縫い 後ろ衿 04.jpg

折り目が崩れないよう畳んで冷まします
240部分縫い 後ろ衿 05.jpg

※ニットのアイロンかけについて詳しく知りたい→ニットにアイロンをかけるとき

・衿を乗せる
身頃を平たく置いてえり布を乗せます
えり布の身頃側はたるまないように置きます
縫い代は少し波打ちます
240部分縫い 後ろ衿 06.jpg
編地のゆるいもの、両面編みのものは
折ってアイロンで押さえると
横に伸びているのが普通です

はみ出した分は裁ち落とします
240部分縫い 後ろ衿 07.jpg

アイロン台の上でマチを打つときは
布の下に定規を入れます
240部分縫い 後ろ衿 08.jpg

マチが打てました
240部分縫い 後ろ衿 09.jpg

※マチ針はいつ抜くの?→マチ針とその仲間

直線縫いで仕上がり線を縫います
240部分縫い 後ろ衿 10.jpg

※ニットがうまく縫えないとき→ニットの縫い始めと縫い終わり

縫い目をアイロンでおさえて糸を落ち着かせます
240部分縫い 後ろ衿 11.jpg

※衿ぐりの仕上げについてもっと詳しく→美しい衿ぐりはアイロンから

えりぐりを毛抜き合わせにするために
縫い目を開いてアイロンで落ち着かせます

開き方はいろいろあるのですが
その一例

タオル枕の上に縫い代を置き
マチ針で留めます240部分縫い 後ろ衿 12.jpg

※タオル枕について→アイロングッズ「タオル枕」の作り方

水と筆を用意します
240部分縫い 後ろ衿 13.jpg

縫い目を割って濡らします
240部分縫い 後ろ衿 14.jpg

アイロンをかけます
240部分縫い 後ろ衿 15.jpg

蒸気の力でピシッと割れました
240部分縫い 後ろ衿 16.jpg

全部開いたら
毛抜き合わせに整えマチ針で留めます
アイロン台にぶすっとななめに刺すと簡単です
240部分縫い 後ろ衿 17.jpg

ふちをアイロンで押さえます
240部分縫い 後ろ衿 18.jpg

しつけ縫いのため糸の色を変えます
あとで抜くので適当な糸でかまいません
240部分縫い 後ろ衿 19.jpg

ほどきやすくするために
針目を最大にします
240部分縫い 後ろ衿 20.jpg

ゴムを通すとき邪魔にならないよう
縫い代をえり布側に倒し
縫い代の中央にしつけミシンをかけます
240部分縫い 後ろ衿 21.jpg

見返しを身頃側に倒し
ゴムの通り道を作ります
えり布の端に2mmにしつけミシンをかけます
240部分縫い 後ろ衿 22.jpg

しつけ縫い2本終了しました
240部分縫い 後ろ衿 24.jpg

しつけ縫いが終わったので
糸を元に戻します
240部分縫い 後ろ衿 19.jpg

針目も同様に戻しておきます
240部分縫い 後ろ衿 23.jpg

ゴムテープを切ります
240部分縫い 後ろ衿 25.jpg

ゴムを通したら上から撫でて
中でねじれていないか確認します
240部分縫い 後ろ衿 26.jpg

ゴムが抜けないように
片端を返し縫いで留めます
240部分縫い 後ろ衿 27.jpg

ゴムの長さを決めるため
一旦強く引いてシワを寄せます
240部分縫い 後ろ衿 28.jpg

ゴムをゆるめてシワが消えたところを押さえます
240部分縫い 後ろ衿 29.jpg

返し縫いで留めます
240部分縫い 後ろ衿 30.jpg

余ったゴムを切ります
240部分縫い 後ろ衿 31.jpg

ゴムを固定します
えり布の中央をステッチで押さえます
ゴムが偏らないように軽く引きのばしながら縫います
240部分縫い 後ろ衿 32.jpg

その下にもう一本
えり布の3分の4にステッチをいれて・・・もよいし
入れなくても構いません
240部分縫い 後ろ衿 33.jpg
見返しが落ち着くので押さえていますが
実はなくても落ち着きます
ステッチが2本入ると見た目が丈夫そうになるので
そう見せたくないときは省略してください

4本、縫い終わりました
240部分縫い 後ろ衿 36.jpg

しつけミシンを外します
中に隠れて外しにくい糸がありますが
ループで引き出せば抜けます
240部分縫い 後ろ衿 37.jpg
エッフェルは強く引くとちぎれます
上糸(スパンorレジロン)をガッと引くと
ブチブチブチブチブチ・・・
気持ちよくほどけますので
しつけ縫いの下糸にはエッフェルをおすすめします。

できました
240部分縫い 後ろ衿 38.jpg

表はこんな感じ
240部分縫い 後ろ衿 39.jpg
なんとなく見たことある縫い目ですよね
そうです
オーバーロックミシンに似せました(笑)

ゴム入り後ろ衿ぐり、完成しました!
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。